レチノールの基礎知識

レチノールの基礎知識記事一覧

化粧品などに配合されていて最近話題のレチノールですが、肌につける物なのでしっかりと成分について理解して使いたいですね。ここではレチノールの種類について簡単に説明しています。レチノールは人間などの生命内に存在するビタミンAのことを示しています。その体内にあるビタミンAを大きく分けると以下のように分類されます。・レチノール・レチナール・レチノイン酸レチノールとは?TOPページでも解説していますがレチノ...

シワやシミなどへのアンチエイジング効果が期待できると言われているレチノールですがどれくらいの期間使い続ければ効果を実感できるのでしょうか?流石に直ぐに効果が出てくるなんてことはなさそうなので実際に使った方の口コミを調べてみました。

レチノールは肌のターンオーバーを促進させたりシミやシワに対して効果があると言われている美容成分です。最近ではいろいろな化粧品に配合されるようになってきました。そんなレチノールですが実際に使っている人の口コミを見てみると「皮が剥けてきた」「顔が赤くなってきた」などの悪い効果の書き込みもあったりします。なぜ、このような口コミがあるのでしょうか?レチノールの副作用について説明していきます。しっかりとレチ...

シミやシワなどの肌トラブルや美白に意識が高い方が気になる成分のレチノールですが化粧品だけではなく美容皮膚科やクリニック・サロンなどでも処方してもらうことが出来るようになっています。では、今の自分は化粧品で肌トラブルを解決した方が良いのか?美容皮膚科などに行って治療をしていった方が良いのか?迷ってしまいますよね?では、美容皮膚科やクリニックなどで治療をした場合どのような事が出来てどれくらいお金がかか...

年齢や肌トラブルで出来てしまうシミやシワに効果があるとされているレチノールですがレチノール以外にもトレチノインという成分を耳にすることがあると思います。あまり聞きなれないこの二つの成分ですが、何が違うのかさっぱりわからないですよね?レチノールとトレチノインの違いを分析してみました。

シワやシミなどを治したい!そんな思いで購入したレチノール配合の化粧品!保存もしっかりとしておかないと効果と効き目が低下してしまい思うような結果を見込めなくなってしまう事もあります。アンチエイジング効果をしっかりと堪能する為にも適した保存方法を守りましょう。

気になるシワやシミを治すためにレチノール配合の化粧品でアンチエイジング!とワクワクしながら使ってみたけれど逆に肌の皮むけが・・・。こんな状態になると自分の肌に合ってないと思ってやめてしまいがちですがしっかりと原因を把握する事で解決できます。しっかりとレチノールの特性を理解して白くてキレイな肌を手に入れましょう。

レチノールは食べ物や化粧品に含まれているのでいろいろなところから吸収することが出来ます。しかし、取り過ぎは体に毒となってしまうので許容量を超えないように摂取する事が大事です。年齢や授乳中の妊婦さんなど状況によって許容量が違うので注意が必要です。

シミやシワを治すためにレチノールを使って肌をきれいな状態にターンオーバー!と思っていてもレチノールの光毒性について理解していないと逆にシミや肌トラブルを引き起こしてしまうなんてこともあります。そんなレチノールの光毒性について説明していきます。レチノールを正しく理解して自慢できるキレイな肌に近づきましょう!レチノールの光毒性レチノールには紫外線を浴びるとどんどんと体内に吸収してしまう特性があります。...

ビタミンAは動物性食品に含まれるレチノールと植物性食品に含まれるβカロテンに分けることが出来ます。この二つのビタミンAの換算量の合計をレチノール当量といいます。レチノール当量の算出には以下のような計算式が使われます。レチノール当量(μg)=レチノール(μg)+1/12×β-カロテン当量(μg)(ビタミンA効力 1IUに対してレチノール当量は0.3μgに相当)レチノールは一日の摂取量が厚生労働省から...

レチノール(トレチノイン)とハイドロキノンはシミやシワなどのエイジングサインに効果が期待できるとされている最先端の成分ですが効果が高い分しっかりとした知識をもつことが大事です。使用方法や使用量を間違えると、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを招いてしまいます。正しく使用して肌状態を健康にしていきましょう。

レチノールを摂取する事でコラーゲンを内側から生成できるから化粧品でコラーゲンを塗るよりレチノールで増やす方が良い!?よくこのような事が書かれていますね。せっかく肌に良い物を使っているのに効果が薄かったら嫌ですよね?そこで!レチノールでコラーゲンを内側から生成した場合と化粧品で塗布した場合での違いを解説してみました。

レチノール自体は光や熱で分解されてしまいます。なので紫外線が含まれている日光にさらされると効果は弱くなるというのは正しいです。ただ、化粧品や肌に塗ったレチノールが日光に当たってスグに効果が無くなるということはありませんが徐々に効果が薄くなる事はありません。しかし、化粧品の中に配合されているレチノールの中でも以下のものは光に対して分解されにくく効果が薄くなりづらい様になっています。・酢酸レチノール・...

化粧品を購入して使っていくうえでどれくらいコスメがもつのかは気になるところですね。使用期限を過ぎた化粧品は効果が薄くなるだけではなく肌トラブルを引き起こす原因にもなりかねません。きちんと使用期限を確認し余裕をもって使うようにしましょう。

最近テレビの化粧品のCMなんかでも取り上げられているレチノールですがいつから研究されてきたのでしょうか?美容成分なので歴史が浅いととても心配ですよね?海外の文献を確認してみたので簡単にまとめていきます。