レチノールの効果でコラーゲンに作用!内側から美肌になれるってホント?

肌をきれいに保つ為のコラーゲンをどう摂るべきなの?

レチノールを摂取する事でコラーゲンを内側から生成できるから化粧品でコラーゲンを塗るよりレチノールで増やす方が良い!?
よくこのような事が書かれていますね。

 

せっかく肌に良い物を使っているのに効果が薄かったら嫌ですよね?

 

そこで!
レチノールでコラーゲンを内側から生成した場合と化粧品で塗布した場合での違いを解説してみました。

コラーゲンは体内生成力を上げて増やすべし!

コラーゲンは肌のハリ・柔軟性に寄与する膠原繊維です。

 

このコラーゲンが年齢によって減少する事で肌のハリが無くなりほうれい線が目立ってしまったりシワができるなんてことになります。

 

なので、コラーゲンがいろいろな化粧品に配合されているわけです。
(なんとなくコラーゲン配合だったりコラーゲンボールが肌に良さそうって思ってしまいますよね)

 

そんな大事なコラーゲンは化粧品で塗って補充するのか?レチノールで内側から生成させるのか?どっちが良いのでしょうか?

 

コラーゲン配合の化粧品を使う

 

化粧品でコラーゲンを補充する場合は保湿効果を期待することは出来ます。

 

しかし、肌のコラーゲンを直接増やすことは厳しいです。

 

というのは表皮と皮下組織の間で構成される真皮までコラーゲンが到達してコラーゲンにならないからです。

 

根本的にシワ対策を行いたい場合は真皮のコラーゲン量を増やす必要がありますが化粧品だけでは難しいという事が分かりますね。

 

ちなみにコラーゲンボールのように口からコラーゲンを取り入れてもタンパク質に分解されてしまうので再度コラーゲンとして吸収されるのはほんのわずかとされています。

 

レチノールで内側から生成

 

レチノール体内の酵素の働きでコラーゲンやエラスチン(弾力線維)を生み出す繊維芽細胞を活性化させる作用があります。

 

化粧品を塗って増やすことが厳しい状態なので自分のコラーゲンの生成力を高める必要があります。
レチノールは自分のコラーゲンの精製能力を向上させることが出来るので魅力的と言えますね。

 

また、レチノールは美容成分との相性も良いので相乗効果が期待できます。

 

コラーゲンの生成のみではなく多様な美容効果を期待できます。

 

しかし、レチノールは取扱いに注意が必要です。
知識がないまま使用していると逆に肌を痛めてしまう事になります。

 

レチノールの副作用って?正しく理解してクリアな素肌へ!

 

理解して使えば年齢による肌トラブルなどへのアンチエイジング効果が期待できるので是非活用してみて下さい。