レチノールとハイドロキノンの違いとは?

レチノールとハイドロキノンのことを理解しよう

レチノール ハイドロキノン シミ シワ 

レチノール(トレチノイン)とハイドロキノンはシミやシワなどのエイジングサインに効果が期待できるとされている最先端の成分ですが効果が高い分しっかりとした知識をもつことが大事です。

 

使用方法や使用量を間違えると、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを招いてしまいます。
正しく使用して肌状態を健康にしていきましょう。

レチノールとハイドロキノンの効果とは

レチノールとは

 

レチノール(トレチノイン酸)はビタミンA誘導体の一種で以下のような効果が期待されています。

・肌のターンオーバーを促進
・コラーゲンの生成を促進
・肌のハリやキメ等へ働きかける

 

レチノールは肌の表皮細胞がターンオーバーによって新しい物に生まれ変わる事で古くていらなくなった細胞を排除してくれます。

 

年齢を追うごとにターンオーバーの機能が弱くなり肌の中の老廃物が上手く排除できずに残ってしまう事でシミの原因になっていましたがレチノールでターンオーバーを整える事でシミの原因を抑えてくれます。

 

レチノールの効果として期待したいものは肌の美白ではなく、年齢によってきになるシミを排除してくれるところです。

 

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは一部では『ヒドロキノン』とも言われています。
そのハイドロキノンは肌の美白剤や漂白剤とも呼ばれています。

 

ハイドロキノンはシミの原因になるメラニンを作り出すチロジナーゼという酵素の働きを阻害する効果とメラノサイトというメラニン色素を生成する色素細胞そのものを減少させる効果を期待できます。

 

ハイドロキノンはシミを作り出す酵素を抑制してくれます。
現在できてしまったシミを抑制し、これからもシミを作りづらくする効果と黒褐色になったメラニンを還元作用で元の健康な肌の色に戻してくれる働きが期待できます。

 

レチノール(トレチノイン)では根深いシミを排除して
ハイドロキノンでシミ生成を元から対策する。

 

という風な使い分けになります。

 

ハイドロキノンで期待できる効果としては以下の通りです。

・肝斑
・そばかす
・炎症後の色素沈着

主な副作用は

・白斑
・かぶれ、ヒリヒリする
・アレルギー

 

使用上での注意

 

ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分なので出来るだけ早めに使うようにしましょう。
使用期限を過ぎた物や茶色く変色してしまったものは炎症などの肌トラブルの原因にもなります。

 

また、保管は冷蔵庫などの光や熱が直接当たらないところに入れておきましょう。

レチノールとハイドロキノンは混ぜるな!

レチノール ハイドロキノン 混ぜるな 

レチノールとハイドロキノンは両方ともシミや美白効果が期待できるとされていますが一緒に使用すると危険です。

 

両方とも効果が高い分リスクもある為、そのリスクが相当高くなってしまいます。

 

レチノールとハイドロキノンは順番に

 

レチノールとハイドロキノンは順番を守って使う事で美白効果を向上させることが出来ます。

 

レチノール(トレチノイン)→ハイドロキノン の順番で使用しましょう。

 

先にレチノールを使う事で肌のターンオーバーを整えることでハイドロキノンの肌への浸透を高めることが出来ます。

 

美容皮膚科などでの一例

 

美容皮膚科で処方された方の体験を教えてもらったので一例ですがレチノール(トレチノイン)とハイドロキノンの治療手順を記載していきます。

 

@トレチノインをシミが出来ている部位に1日1回少量塗る(光毒性があるので注意)
レチノールの光毒性ってなに?
A3・4日使ってみて塗布回数を2回に増やす。
Bハイドロキノンをトレチノインを塗っていない部分から使用していく

 

この使い方でシミを解消していくようです。
治療期間中は肌に刺激を与えないようにしたり紫外線から肌を守るなど肌の健康管理も重要になります。

 

美容皮膚科やクリニックへ通院するとそれなりに費用もかかるのでそのあたりも気にしないといけません。
レチノールを皮膚科で処方されるとどれくらいの値段になるの?

 

ちなみに光毒性とは皮膚や目が日光などの光に対してとても敏感な状態です。
光毒性は、日焼けや水泡などの皮膚トラブルを引き起こすことがあるので対策をしっかりしましょう。

 

また、目の周りや口周りには使用しないようにしましょう。
皮膚が薄いので赤みが出やすい部分なのでなるべく避けるようにしましょう。

レチノールやハイドロキノン配合の化粧品はビーグレン

レチノール ハイドロキノン ビーグレン 

レチノールとハイドロキノンが配合されている化粧品はいろいろとありますが口コミが良くて返品対応などのサービスが充実しているのがビーグレンの化粧品です。

 

化粧品の口コミサイトの『アットコスメ』でも口コミが1つの商品だけでも600を超えてほとんどの評価が7点中5点を超える高評価です。

 

レチノール配合の化粧品はQuSomeレチノAという商品でシミやシワなどに活躍してくれます。
ハイドロキノン配合の化粧品はQuSomeホワイトクリーム1.9が人気でシミや美白に活躍しています。

 

どちらもトライアルセットで1週間のお試しが出来るので自分の肌に合うかどうかを試しやすいのも魅力です。
もし、万が一肌に合わなかったり効果が感じられない場合は返金保証制度があるので費用面でも安心できます。

 

シミやシワに悩んでいるのであれば同じ状況で悩んでいる人たちがしっかりと高い評価をしている化粧品を使って肌トラブルを改善してみませんか?

 

自信の持てる肌を手に入れる事が出来るかもしれませんよ!