レチノールの副作用って?正しく理解してクリアな素肌へ!

レチノールで逆に肌荒れ?

レチノールは肌のターンオーバーを促進させたりシミやシワに対して効果があると言われている美容成分です。
最近ではいろいろな化粧品に配合されるようになってきました。

 

そんなレチノールですが
実際に使っている人の口コミを見てみると「皮が剥けてきた」「顔が赤くなってきた」などの悪い効果の書き込みもあったりします。

 

なぜ、このような口コミがあるのでしょうか?
レチノールの副作用について説明していきます。

 

しっかりとレチノールのことを理解してキレイな素肌を手に入れましょう!

レチノールの副作用に繋がる事とは?

@レチノール反応

 

レチノール反応というのは、もともと肌にビタミンAが不足している状態でいきなりビタミンAが一気に肌に入り込むことで肌の中で反応が起こってしまう事です。

 

主な副作用の症状としては

 

顔に赤みが出る・肌がかさつく・かゆみが出てくる・肌がゴワつく・ニキビが出てくる

 

などが考えられます。

 

副作用の回避方法

初めてレチノール配合の化粧品を使用する場合は少量から試していって自分の肌に合うのかを確かめましょう。
もし、少量でも肌に違和感を感じるようならもう少し量を減らしていって長い期間使ってみましょう。

 

肌にビタミンAが補充されていくとレチノール反応が起こらなくなります。

 

※もし少量で慣らしていっても全然改善しない場合は肌に合っていないと思われますので使用をやめる。
 もしくは、皮膚科医や専門のスタッフへ相談する事をお勧めします。

 

 また、安価な化粧品を使った場合配合されている成分によっては肌に合わないことがあります。

海外製品には注意が必要

 

レチノール配合の化粧品で海外製の物にはトレチノインクリームというものがあります。
トレチノインは劇的な効果があるとして海外では販売されていますが効果が強すぎて肌荒れを起こしたり皮が剥けてしまったところが色素沈着して大きなシミが出来てしまうといった副作用があります。

 

リスクが多いので安全にコスメを使いたい方は日本製の安全性の高いコスメを選びましょう。

 

奇形児の心配性!

 

妊婦の方や授乳中の方は過剰にビタミンAを摂取する事を避ける必要があります。

 

根拠として厚生労働省のビタミンの説明であるように過剰にビタミンAを摂取する事で健康障害が起こるとされています。

 

サプリメントや加工された食品などに含まれるビタミンAは「レチノイン酸」が多く入っていてそのレチノイン酸を体内で上手に使うことが出来なくなることで体の中に溜まってしまって催奇形性が考えられるようです。

 

なので妊娠中・授乳中は過剰摂取を避けるようにしましょう。

レチノール製品を買う時にチェックしたいポイント

副作用が理解できたところで実際にレチノール製品を選ぶ時にどのような商品を選ぶのが良いのでしょうか?

 

低濃度の物を選ぶ

 

肌の中にあるビタミンAが少ないとレチノイド反応が起こる事が考えられるのでレチノールが低濃度のものをまずは使用してみたり、始めのうちは使用量を少なめにして使っていきましょう。

 

慣れてきたらステップアップしていき徐々に適量を使えるようにしていきましょう。

 

コスメの種類は美容液やクリームを選ぶ

 

レチノールは油溶性ビタミンなので美容液やクリームと相性がいい栄養素です。
肌への浸透力を考えるなら美容液やクリームを選びましょう。

 

配合されている成分で選ぶ

 

レチノールだけではなくビタミンC・EやビタミンB・ヒアルロン酸など肌に良い栄養素が配合されている化粧品をえらぶようにしましょう。レチノールは体内で他のビタミンの活動を手助けする作用があるので相乗効果で肌への働きも大きく期待できます。

 

また、レチノールにも種類がありビタミンEと配合されている物や肌への吸収が良くなっているもの・・・・。といったかんじで企業ごとに特有の技術を持っていたりします。
自分の肌状態にあったものをチョイスして肌状態の改善をしていきましょう。

副作用を理解して上手に活用していこう

以上のように副作用はある物のしっかりと理解をする事で上手にレチノールを使っていくことが出来ます。

 

ちゃんと自分の肌に合った使い方をすると今悩んでいるシミやシワの改善につながり自信の持てる肌を手に入れることが出来るようになるかもしれません。

 

まずは、自分に合った化粧品を探してみるところから始めてみましょう。

 

レチノール配合のアンチエイジングコスメ!ビーグレンを実際に体験!